目白ポセンシアの信頼の施術を体験~需要に応える人気クリニック~

整形

まぶたの病気

鏡を見る人

手術を受ければ治る

まぶたが重いという感覚があり、目を大きく開く際に無理をしなければ開かないのであれば、眼瞼下垂という病気である可能性があります。眼瞼下垂とは、まぶたを動かす筋肉が正常に機能していない病気です。多くの場合、先天性なのですが、加齢等、後天性の場合もあります。眼瞼下垂は、手術をすれば治ります。手術は、メスを用いた外科的手術となります。目近辺の外科的手術に抵抗を感じる人もいるはずです。罷り間違えば、失明してしまうのではないかという恐怖が芽生えるのは当然です。ただ、眼瞼下垂の手術の安全性は高いものとなっています。どうしても不安を感じるのならば、名医に依頼するのが賢明です。当然、名医であるならば、より安全性は高いものとなります。その医者が名医であるのか、名医でないのかはホームページの実績で確認することができます。

保険が適用される

眼瞼下垂の手術を行っているのは、主に美容に関する治療に特化した医療機関です。違う言い方をすると、いわゆる整形手術を行っている医療機関です。眼瞼下垂の手術を受ければ、まぶたの通常の位置が上がりますから目が大きくなります。と同時に、無理して目を開けると額にシワがよってしまうものですが、それがなくなります。つまり、額のシワの過度な進行を防ぐことができます。ですから、眼瞼下垂の手術を受ければ、美容的な効果も得られることになるのです。ただ、眼瞼下垂は視力の妨げになる歴とした病気です。従って、手術は美容目的ではないと判断されています。それ故に通常、美容目的の治療は保険適用外となりますが、眼瞼下垂の手術には保険適用が認められています。